不妊症と美容なら上尾市の漢方薬局サトウ薬局

埼玉県上尾市のサトウ薬局は中国漢方(中医学)が得意な漢方薬局です★不妊・大人の女性の為のスキンケア・メタボリック症候群などお気軽にご相談ください

*

周期法とは?

中国漢方(中医学)では、女性の体のリズムにあわせた周期法をご提案しています。 周期法は西洋医学で使われる基礎体温表のグラフに陰陽理論を当てはめて作られたものです。

生理周期を生理期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つの期間に分けて考え、その時期の異なるホルモン分泌や体の状態を漢方薬を飲み分けることで整えていき、妊娠しやすい状態に導いていくものです。

漢方薬の役割は、生理や精神状態と関わりの深いや、生理・妊娠・出産・授乳と関わりの深いの機能やめぐりを正常にしたり、生殖能力の源であるの力を高めることにあります。

サトウ薬局

 

生理の4つの期間
生理期 ・・・不要になった粘膜・経血を外に排出する
卵胞期 ・・・子宮内膜の再生と増殖、卵巣内で卵胞を成熟させる
排卵期 ・・・成熟卵胞が卵子を排出、黄体に変わる
黄体期 ・・・子宮内で受精卵を着床・養育できる環境を整える

 

 

サトウ薬局

子宮内の(赤ちゃんを育てるために準備していた)使われなかった栄養分と血液を体外へ排出する期間です。血行を促進し、筋肉や血管の働きを助け、子宮内膜を無理なくきれいに掃除してくれる作用のある漢方薬を用います。また、生理痛を軽減する目的もあります。

よく使われる生薬
丹参(たんじん)、センキュウ、紅花(こうか)、香附子(こうぶし)、木香(もっこう)など

気をつけること
体の内側からも外側も冷やさないようにします。生ものや冷たいものを食べたり飲んだりしないで、薄着やミニスカートなどを避けます。また鉄分を含んだ食べ物を積極的に摂ってください。

 

 

サトウ薬局

より良い卵子を作るために卵胞を成熟させます。また、受精卵が着床しやすいように子宮内膜の再生・増殖を促進します。この時期は生理で失われた血液量の回復を促し、子宮と卵巣への栄養供給不足を防ぐ役割のある漢方薬を用います。

よく使われる生薬
当帰(とうき)、熟地黄(じゅくじおう)、芍薬(しゃくやく)、山薬(さんやく)、山茱萸(さんしゅゆ)など

気をつけること
この時期は栄養分を蓄える時期です。栄養バランスのよい食事を心がけましょう。また過剰に気(エネルギー)が外に漏れないようストレスは都度上手に発散し、穏やかに過ごしましょう。

 

 

サトウ薬局

卵巣内で成熟した卵胞から卵子が排卵され、卵胞が黄体に変わる期間です。ちょうど低温期から高温期への移行時期です。スムーズに排卵→黄体生成が行えるようホルモン分泌の連携を良くする漢方薬を用います。

よく使われる生薬
丹参(たんじん)、センキュウ、紅花(こうか)、香附子(こうぶし)、木香(もっこう)など

気をつけること
ストレッチやウォーキングなど軽い運動をし、気血(きけつ)の巡りを良くしましょう。生ものや冷たい飲食は避けましょう。

 

 

サトウ薬局

黄体期は約2週間あります。黄体から分泌される黄体ホルモンは、子宮内膜にある分泌液を蓄え、内膜を更に厚くフカフカにして受精卵が着床し育つように準備します。ここでは子宮を温め、エネルギー代謝を高める漢方薬を用います。

よく使われる生薬
鹿茸(ろくじょう)、ハゲキテン、海馬(かいば)など

気をつけること
栄養バランスの良い食事を心がけ、気血(きけつ)を十分に補いましょう。特に下半身を冷やさないように注意しましょう。

 

 

 

サトウ薬局

周期法は体に無理なく妊娠を目指す方法として
とても画期的ですが、すべての方がいきなり周期法を行えるとは限りません。

度重なるホルモン治療で体のバランスが崩れている方や
冷えや血のめぐりが極端に悪い方、無排卵の方などは
その問題を解決したあとで周期法に移ります。

周期法は基礎体温を指標としますから
次のページでは基礎体温について説明します。

サトウ薬局

 

 - 不妊でお悩みの方へ